Pマーク担当向け教育更新コラム

Pマーク担当向け教育更新コラム:マイナンバー

pmark-anchor 2013年2月21日 木曜日

マイナンバー制度の関連法案が来月1日に再び閣議決定される見込みとなった。
前政権においても閣議決定されたが政権交代により一旦廃案になったものである。
社会保障・税番号制度の改革の一環として協議されてきたものだが
同制度導入による多くの効果が期待される半面
運用において個人情報が適切に管理できるのかという不安が
まだ払拭仕切れていない感がある。

では番号制度で何ができるのか。
社会保障・税番大綱(概要)では大きく6つの項目を上げている。

  1. より決め細やかな社会保障給付の実現
  2. 所得把握の精度向上等の実現
  3. 災害時における活用
  4. 自己の情報や必要なお知らせ等の情報を自宅のパソコン等から入手できる
  5. 事務・手続きの簡素化
  6. 医療・介護等のサービスの質の向上等

一方、番号制度に必要な3つの仕組みとして、以下の3点が上げられている。

  1. 付番…新たに国民一人ひとりに、唯一無二の、民・民・官で利用可能な、見える「番号」を最新の住所情報と関連付けて付番する仕組み
  2. 情報連携…複数の機関において、それぞれの機関ごとに「番号」やそれ以外の番号を付して管理している同一人の情報を紐付けし、紐付けられた情報を活用する仕組み
  3. 本人確認…個人や法人が「番号」を利用する際、利用者が「番号」の持ち主であることを証明するための本人確認(公的認証)の仕組み

詳しくは内閣官房サイトで確認ができる。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

これまで膨大に蓄積されてきた国民の個人情報を一つの番号に紐付することが必要となるが
年金記録問題を思い出すと多くの国民が不安に思うことは確実である。
また国家による国民情報の一元管理という懸念もあるが
利便性の享受とプライバシー保護のバランスも気になるところである。
個人情報に関わる多くの事件・事故が“人”が原因となって発生しているという現実もあり
まだまだ官・民で運用するためには越えるべきハードルが数多くあるだろう。
今国会で予算関連法案として成立させ、平成28年1月の利用開始を目指すとあるが
まだ3年あるのか、あと3年しかないのか。
新政権の舵取りに新たな注目が集まるところである。

Pマーク担当向け教育更新コラム:いつか来る“その時”

pmark-anchor 2013年1月17日 木曜日

阪神・淡路大震災から18年。
それまで神戸には大きな地震は発生しないという通説があった。
当時は誰もがこの根拠のない“安全地帯”という安心感に
疑問を持った人は少なかったのではないかと思う。
しかし、それは一瞬にして崩壊する結果となった。

毎年、厳寒期を迎えるこの頃になると“あの瞬間”が思い出される。
1995年1月17日午前5時46分52秒。
震災の詳細は内閣府の防災資料として公開されているが
http://www.bousai.go.jp/1info/kyoukun/hanshin_awaji/earthquake/index.html
数字からだけでは見えない現実も数多くある。

TVの取材ヘリが移す映像を見たときに言葉を失った。
高速道路やビル、マンション、病院、住宅の倒壊。
線路は信じられないほどに曲がり、断線し、車両は脱線。
市街地のありこちで火災が発生し、黒煙が吹き上げている。
到底信じられない光景が次々と映し出され現実味が感じられなかった。
しかし、それはまぎれもなく6400名以上の命を奪った地震災害であった。

気象庁の統計資料によれば
明治以降、日本付近で発生した地震で最大震度7というのは
阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)と2011年の3.11東北地方太平洋沖地震だけである。
正直なところ、震度7での生存率は“その時どこにいたか?”による部分が大きい。
誰しも24時間365日の臨戦態勢は不可能である。
できることは生存確率を上げるための備えであり、心構えではないかと思う。

1月17日(木)22:00からNHKスペシャルで南海トラフの巨大地震をテーマにした
防災、減災への取り組みが紹介されるようである。
いつ、どこで、どのレベルで起きるかを正確に予測することは困難だが
一定のサイクルで繰り返されてきたことだけは間違いない事実である。
“その時”のためにも風化させないことが大切だと感じる。

個人情報の安心安全な管理に向けた社会制度・基盤の研究会報告書の公開について

pmark-anchor 2012年4月12日 木曜日

JIPDECより個人情報の安心安全な管理に向けた

社会制度・基盤の研究会報告書が公開されています。

http://www.jipdec.or.jp/project/anshinkan/news/20120406.html

取得時PMS継続的な運用できますか?

pmark-anchor 2011年11月25日 金曜日

 

取得時のPMSで継続的な運用が実施できますか!?

プライバシーマーク取得事業者は12,000社を超えました。

しかし、取得事業者の事故は無くならないばかりか

PMSの形骸化によるスパイラルダウンを引き起こしている企業を多くある状況です。

弊社も、過去おおくの企業のPマーク訳あり相談に対応して参りました。

 

例えば、

「まったく運用ができていません・・・」

「とりあえず新規認証したものの、その後何もしていません・・・」

「テンプレートで合格したものの、上手く運用が継続しません・・」などなど

 

継続的にPMSを運用するコツは、

現在、無理な仕組みであったり、運用が形骸化を招いていると思われている部分の

抜本的な改革です。できるだけ早期な見直しを行うべきです。

内部監査による対処療法だけでは限界があります。

根本原因を究明し、実態に即した予防措置と改善が必要です。

抜本的な改善なくしてプライバシーマークの継続運用は難しいと考えます。

無理なく継続するためには、形骸化対策を社内に持つこと、

そしてPMSを身の丈に合うように見直しを行うことは不可欠です。

現状のプライバシーマーク運用で少しでも課題のある企業様はなんなりと御相談ください。

形骸化しないマネジメントシステムの運営維持に向けて他社事例を交えアドバイスいたします。

個人情報相談 6年間の傾向

pmark-anchor 2011年11月12日 土曜日

 

国民生活センターへの相談事例を公表しております。

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20111110_3.html

個人情報保護教育ツールの参考になります

pmark-anchor 2011年11月12日 土曜日

 

下記サイトが新入社員、パート・アルバイトの参考になります。

http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/itoperations/feat/comic/?banner_id=new111027a

2011年4月 PMS形骸化相談(大阪、兵庫、京都、奈良)

pmark-anchor 2011年3月10日 木曜日

取得時のPMSで継続的な運用が実施できますか!?

 

プライバシーマーク取得事業者は12,000社を超えました。

しかし、取得事業者の事故は無くならないばかりか

PMSの形骸化によるスパイラルダウンを引き起こしている企業を多く見受けます。

 

弊社も、過去に多くの企業のPマーク訳あり相談に対応して参りました。

 

例えば、

「まったく運用ができていません・・・」

「とりあえず新規認証したものの、その後何もしていません・・・」

「テンプレートで合格したものの、上手く運用が継続しません・・」などなど

 

継続的にPMSを運用するコツは、

現在、無理な仕組みであったり、

運用が形骸化を招いていると思われている部分の抜本的な改革です。

できるだけ早期な見直しを行うべきです。

 

内部監査による対処療法だけでは限界があります。

根本原因を究明し、実態に即した予防措置と改善が必要です。

 

抜本的な改善なくしてプライバシーマークの継続運用は難しいと考えます。

 

無理なく継続するためには、、身の丈に合ったPMSに見直しを行うこと。

 

見直しは、組織体制、文書体制、運用体制の見直しです。

 

現状のプライバシーマーク運用で

少しでも課題のある企業様はなんなりと御相談ください。

 

形骸化しないマネジメントシステムの運営維持に向けて

他社事例を交えアドバイスいたします。

 

(相談のお申込み)

御都合の良い日時を電話もしくはメールでお伝えくださいませ。

個人情報保護アドバイザーの目木知明がご訪問いたします!

熱血アドバイス宣言、燃えてます!お気軽にお問合せください。

 

<問い合わせ>

個人情報保護アドバイザー 目木知明まで

電話番号 050-3375-0104

E-mail meckinger@risken.net

 

2010年4月 個人情報保護、プライバシーマークセミナー

pmark-anchor 2011年3月10日 木曜日

2010年4月開催日程

個人情報保護、プライバシーマークセミナー:スムーズはプライバシーマーク更新を支援

 

~個人情報保護教育は形骸化していませんか?~

 

(個人情報保護教育でよくある相談内容)

・低コストで効果のある研修は無いでしょうか?

・自分にはあんまり関係がない・・・と。研修を真面目に受講しない社員が多い。

・特に上司も全く本気で聞いていない。。。

・講師による講義型の研修では審査で不十分と言われた。

・社員参加型の研修でよい方法はないか。

 

(開催日時)

4月16日 14時~18時 3社限定(各社1時間まで)

4月23日 14時~18時 3社限定(各社1時間まで)

※事前のお申し込みが必要になります。

 

 

(開催場所)

〒651-0086

神戸市中央区磯上通4-3-10 IPSX EAST 5階 会議室

(JR三ノ宮駅より徒歩5分)

※お申込された企業様に地図を送付いたします。

 

(問合せ先)

アンカー・アンド・カンパニー株式会社

プライバシーマーク形骸化対策相談室

TEL:050-3375-0104

Mail:info@pmark-anchor.com

担当:目木、岸本

プライバシーマーク更新対策相談会(9月開催内容)

pmark-anchor 2010年8月10日 火曜日

2010年9月開催内容

 

(開催日時)

・2010年9月10日(金)※受付終了

・2010年9月13日(月)※受付終了

・2010年9月20日(月)※受付終了

・2010年9月24日(金)※受付終了

※事前のお申し込みが必要になります。

 

(相談料)

・事務所まで起こし頂く場合は無料

・ご訪問の場合:2時間5000円

 

 

(開催場所)

〒651-0086

神戸市中央区磯上通4-3-10 IPSX EAST 5階 会議室

(JR三ノ宮駅より徒歩5分)

※お申込された企業様に地図を送付いたします。

 

(問合せ先)

アンカー・アンド・カンパニー株式会社

プライバシーマーク形骸化対策相談室

TEL:050-3375-0104

Mail:info@pmark-anchor.com

担当:目木、岸本

2010年6月開催日程 プライバシーマーク更新対策相談会

pmark-anchor 2010年5月10日 月曜日

2010年6月開催日程

プライバシーマークセミナー:プライバシーマーク更新対策相談会

弊社では、プライバシーマーク取得更新を支援する一環として、過去、約600社以上に助言を行ってまいりました。

 

プライバシーマーク更新に人材や費用の確保に限界のある中小事業者様におかれましては、

是非、この相談室を有効に活用していただければと思います。

プライバシーマーク更新はコンサルタントに支援をお願いしなくても十分に可能です。

 

プライバシーマーク更新を確実に

そして短期間でスムーズに行うためのアドバイスをいたします。

 

(更新に向けてのよくある相談内容)

・JIS要求事項:3.7.1 運用の確認 どれくらいの頻度で実施すればいいですか?

・教育テキストは毎年おなじものを使用していますが、いいのでしょうか?

・全くPMSの更新を行っていませんが、審査上問題はありますでしょうか?

・審査基準は高くなってきているのでしょうか?

 

 

(開催日時)

6月25日(金) 10時~18時

6月28日(月) 10時~18時

6月30日(水) 10時~18時

※事前のお申し込みが必要になります。

 

(相談料)

1時間 5000円

(過去、弊社が取得または更新を支援した会社は無料)

 

(開催場所)

〒651-0086

神戸市中央区磯上通4-3-10 IPSX EAST 5階 会議室

(JR三ノ宮駅より徒歩5分)

※お申込された企業様に地図を送付いたします。

 

(問合せ先)

アンカー・アンド・カンパニー株式会社

プライバシーマーク形骸化対策相談室

TEL:050-3375-0104

Mail:info@pmark-anchor.com

担当:目木、岸本