速報!改正不正競争防止法の施行日が決まる

pmark-anchor 2010年4月28日 水曜日

速報!改正不正競争防止法の施行日が決まる

 

4月23日、経済産業省より「不正競争防止法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令について」、

施行期日を平成22年7月1日と定めるものとするの発表があった。

 

 

1.不正競争防止法の一部を改正する法律(平成21年法律第30号)の概要

 

① 営業秘密侵害罪の目的要件の変更

営業秘密侵害罪における目的要件を、「不正の競争の目的」から「不正の利益を得る目的で、

又はその保有者に損害を加える目的で」に改めます。

 

② 営業秘密の不正取得に対する刑事罰の対象範囲の拡大

詐欺等行為又は管理侵害行為による営業秘密の不正な取得について、記録媒体の取得、

複製の作成という方法に限定することなく、一般に刑事罰の対象とします。

 

③ 営業秘密の領得行為自体への刑事罰の導入

営業秘密の管理に係る任務を負う者が、当該任務に背いて営業秘密を領得する行為について、

記録媒体の横領、複製の作成等による場合に限り、新たに刑事罰の対象とします。

 

ということで、公布は平成22年4月28日(水)、施行は平成22年7月1日(木)となった。

 

同法の施行はこれまでの法的不備を一掃し、営業秘密の管理について極めて重要な意味を持つものとなる。

施行まであと2ヶ月余りとなったが、今一度、自社が保護すべき営業秘密管理について再点検してみてはどうであろうか。

 

情報セキュリティコンサルタント 岸本雅美

コメントは受け付けていません。