全社リスクマネジメント、何か参考になる指針は?

pmark-anchor 2009年9月15日 火曜日

 

こんにちは、リスクマネジメントアドバイザーの目木知明です。

朝夕、たいへん涼しくなってきました。秋の気配を少しずつ感じる今日この頃です。

 

さて本日は、これから全社のリスクマネジメントに取り組まれる

企業のご担当者さまからの問い合わせでよくある相談内容です。

 

「体制の構築で何か参考になる指針はありますか?」

 

この内容の相談が多いです現状です。

 

実際に全社のリスクマネジメントといっても、かなり漠然しているものなので

何から手をつけて良いか解らないというのが現状ではないでしょうか!

 

わたくしが全社のリスクマネジメントで基本(ベース)にする考え方は

「JISQ2001 リスクマネジメントシステム構築のための指針」を

基点に体制構築を推し進めています

 

ここで簡単にJISQ2001の内容を説明します。

JISQ2001とは、企業活動上のリスクをコントロールするための指針で

2001年3月に「リスクマネジメント構築の為の指針」として制定されました。

企業の不祥事、災害、メンタル不全、情漏漏洩など

企業・組織・ステークフォルダにとってマイナスの影響を与えるものを

洗い出し(リスクの特定)、顕在化している部分への低減活動および

緊急事態が発生した場合の措置についてPDCAサイクルで定義しています。

 

 

また、この指針は、リスクマネジメントを組織的に実行していくための

枠組み(フレームワーク)を提供するとともに

どのような種類及び規模の組織にも適用できるように作成されています。

 

これから本メルマガにおいてもJISQ2001の解説も行っていきたいと思っています。

是非、これから全社リスクマネジメントに取り組まれる方はJISQ2001をご参考とされてはと思います。

 

本日はこのあたりで。

 

 

コメントは受け付けていません。