「2012年版10大脅威 変化・増大する脅威!」を発表

pmark-anchor 2012年3月24日 土曜日

【個人情報保護教育、プライバシーマーク教育にオススメ】

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティの脅威に関するトレンドを

取りまとめた「2012年版10大脅威 変化・増大する脅威!」を発表しました。

 

10大脅威執筆者会が選んだ 2012年版 情報セキュリティ10大脅威

1位 「機密情報が盗まれる!?新しいタイプの攻撃 (標的型攻撃に関する脅威)」

2位 「予測不能の災害発生!引き起こされた業務停止 (災害に関する脅威)」

3位 「特定できぬ、共通思想集団による攻撃」

4位 「今もどこかで…更新忘れのクライアントソフトを狙った攻撃」

5位 「止まらない!ウェブサイトを狙った攻撃」

6位 「続々発覚、スマートフォンやタブレットを狙った攻撃」

7位 「大丈夫!?電子証明書に思わぬ落し穴 (証明書に関する脅威)」

8位 「身近に潜む魔の手・・・あなたの職場は大丈夫?(内部犯行に関する脅威)」

9位 「危ない!アカウントの使いまわしが被害を拡大!」

10位 「利用者情報の不適切な取扱いによる信用失墜 (プライバシーに関する脅威)」

 

詳細はこちらから

http://www.ipa.go.jp/about/press/20120322.html

コメントは受け付けていません。