プライバシーマーク更新がスムーズにいかない場合は実態の見直しから

pmark-anchor 2009年10月25日 日曜日

 

こんにちは、個人情報アドバイザーの目木知明です。

わたしは休日などにメタボ対策も兼ねて農業をしているのですが、、、

最近は17時を回るとビックリするようなスピードで暗く涼しくなってきました。

まだ日中は暖かく10月の末という感じは全くしませんが、

くれぐれも風邪にはご用心にくださいませ。

 

さて、本日はプライバシーマーク更新がスムーズにいかない会社様へご提案のコラムとなります。

 

最近、お客様のところへ訪問した際によく言われるのが

「他社はスムーズな運用ができていますか?」

この相談が多いです。

 

はじめて伺った会社の経営者様からも同様のことを相談されます。

顔に「プライバシーマークはめんどくさい」といわんがばかりの顔をしてお話されています。

みなさん、やはり周りが気になるようです。

 

実際、わたしがお手伝いしているメインの組織規模は、50名未満の会社が多く、

皆さん兼務兼務でなんとか個人情報保護組織を運営しています。

昨今の不景気な状況もあり、売り上げを上げるために営業活動を最優先し

個人情報保護委員会はちょっと後回しで・・・

とばかりに動いている会社が多い印象です。

 

JIS15001要求事項を完璧に行おうとすれば

大手がやっているようにリスクマネジメントチームや

セキュリティチームにような専任部署があることが望ましいのですが

小さな会社にはそうはいきません。

 

小さな会社の悩みごとは、

新規認証時は全員ピリッととして、なんとか早く確実に!の思いで

「会社全体でマークをとるぞ」という気持ちであふれていましが、、、

それが、更新・更新となっていくと

言うことが聞かない社員も増えてきたり、

マークを維持するためにイヤイヤ記録をとるような

なんのためのPマークなのか分からなくなってきている、、、

その上、営業上の数字もあり、

プラス事務局運営の仕事も重なり大変だ。

 

これからどうすれば・・ばという相談というより

最後はグチになってしまっている状況です。

 

みなさんの会社はどうでしょうか?

 

PMSが思うように運用できない状況を嘆いても解決にはなりません。

 

何が原因なのか? どうすればうまく運用できるのか?

永続的にマークを運用するための方法を

まずは自社の実態を正確に把握し考えていきましょう!

とわたしはお伝えしています。

 

身の丈にあった文書、組織、運用を改めて考え直す必要があります。

場当たり的り更新審査をうけて、マーク更新を重ねてもいつかは破綻します。

 

社内のPMS運用に問題があると少しでも思いの企業さまは

早期な根本的な原因の解決を行うべきということで

本日は終わりにします。

 

2009.10.25 個人情報保護アドバイザー 目木知明

コメントは受け付けていません。